ごあいさつ

和菓子職人として

京都、東京、愛知と3か所で合計10年の修業を経て2016年11月にオープンしました。
当時は女性が和菓子職人だなんて…と修業につくのさえ苦労しました。
それでもこの3か所の修業先は快く受け入れてくれました。

迷惑ばかりかけましたが、独立を一番喜んでくれました。感謝しかないです。

一人前になるには10年はかかると言われていますが、一通りのことを覚えるのに10年はかかるという意味で、そのくらい和菓子の世界は厳しいものでした。

華々しい経歴も何も持ってませんが、 職人としてただただおいしいものを作ること、自分のできる限りのことを精一杯することしかできません。

この小さな豆大福1個に10年の成果を詰め込んでいます。

まめはるができること

「本当においしいものを作りたい」

どうやったらおいしくなるだろう?とか、これはまだ未知な味では?とか、職人なのでこればっかり考えて作っています。

なので、日持ちもしない、通販できない、売切れ御免な店になってしまいました。美味しさを追及してるからです。
「わぁ!」と感動してもらえるような…そんな味を目指してるんです。

今できることは、『本当においしいと思ってもらえるようなお菓子を作ることだけ』そのために、手間暇かけて作っています。

そうすることでお菓子をもらう方にも喜んでもらえると思うからです。

店主 樫本 晴美