新商品情報

21日~25日限定クリスマス上生菓子を販売します!

  1. HOME >
  2. 新商品情報 >

21日~25日限定クリスマス上生菓子を販売します!

3個セット販売です

左からスノーマンの雪平(黄味餡*アレルギー:卵)、サンタクロースの薯蕷練り切り(こしあん)、ツリーの百合根金団(つぶあん)の3種類入っています。

雪平(せっぺい)とは?

雪平とは求肥餅に練り切りと卵白を泡立てて練り上げたおもちです。求肥はもちっとしてるのにたいして、口どけのよい感じです。もちっと感はありません。上生菓子ではよく使われるもので、主に白く仕上げたい場合と成形したい場合に使うことが多いです。

普通求肥は成形しにくく、線やスジを入れてももとに戻ってしまったりしますが、これは練り切り(白あんを入れるところもあります。)を入れることによってもちっと感はなくなりますが成形しやすくなります。卵白は白く仕上げるためです。

今回初めてこれを入れてみました。

薯蕷練り切りとは?

薯蕷は山の芋のことで、丹波産のものを使用しています。いつもの練り切りは白あんにもち粉だけのシンプルなものなのですが、この薯蕷練り切りは芋が入っているので芋の風味がして上品な感じに仕上がっています。今年はより芋多めにしてみました!

白あんともち粉だけの練り切りは少し「きなり」な感じの色あいで仕上がります。白ではないんですね。黄色がかった白といった感じ。これは色を付けたときも柔らかい感じに仕上がるので、これはこれでいい感じになるときもあります。

薯蕷練り切りは芋が真っ白なので、練り切りも真っ白になり、色を付けると発色がいいです。分かるか分からないかくらいのことですが、作ってる側としたら全然違うんですよね…。

形もちょっと変えてみました…。とは言ってもそんなに変わってないかも?

百合根金団とは?

百合根はゆり属の球根で、写真のような感じです。これを一枚、一枚はがして、茶色い部分を取り除いてから蒸して裏ごし、砂糖を入れてから白あんと混ぜ合わせたものです。

よく茶碗蒸しに入ってたりしますが知らない人多いかも?

一個に対してとれる量が少ないからわりと高価なお菓子の部類に入ります…。手間もかかりますしね!百合根は金団だけでなく練り切りのつなぎとしても使うことがあります。さっきの薯蕷練り切りの百合根バージョンです。こちらもめったに見かけない上生菓子です。

これも蒸しても白いまんまなので白を生かす使い方をします。芋と同じですね。

白が多いので今回ツリーには少しだけ緑を入れておきました。ほんの少しですが…。

クリスマス上生菓子はご予約していただけるとありがたいです

大福がメインのお店なので(笑)あんまり用意してません…。ご予約いただけると有難いです。

クリスマスは和菓子で!!といいながら毎年私は自分でケーキ作っています(笑)

SNSやってます♪

SNSでも情報を発信しています

お店のお知らせを主に発信しています。よかったらフォローしてチェックしてくださいね。

クリックしていただくとSNSに飛びます。

営業日カレンダー

    -新商品情報