お茶会の干菓子、すはま団子に挑戦してみました!

お茶会の干菓子、すはま団子に挑戦してみました!

すはま団子と桜の琥珀糖

すはま団子とは、きなこと砂糖と水飴で練ったお菓子です。ほぼ水飴なのでねっとりした食感です。

江戸時代は豆飴と言われていて、その断面が「州浜紋」に似ていたことから「すはま」と呼ばれるようになったのだとか。

今は州浜紋の形ではなくても、このお菓子はすはまと言われてますね。その団子バージョン。

他にも、そら豆の形とか枝豆の形とかアレンジしたりできます。

味も抹茶にしたりとか、うぐいすきなこ(青大豆きなこ)を使ったりだとか、応用がきくお菓子ですね。

もう一個はさくらの琥珀糖です。春のお茶会にぴったりではないでしょうか。

ご注文ありがとうございました。

 

 

お茶菓子カテゴリの最新記事