今日のお茶菓子は天の川をイメージして作りました

今日のお茶菓子は天の川をイメージして作りました

明日は七夕ですが…

ずっと雨ばっかりですね。明日も…。

七夕にちなんで「天の川」をイメージして、味甚羹製で、中はこしあん。星は羊羹でつぶつぶしてるのはしんびき粉を色付けしたものです。

味甚羹とは…

味甚羹とは、錦玉に「味甚粉」と呼ばれるもち米を蒸して乾燥させ、それを引いて粉にしたものを混ぜて固めたお菓子です。味甚粉は落雁にも使ったりしてます。

錦玉にただ入れただけではだめで、冷ましてから入れるんです。そうすると写真みたいに混ざった感じになるんです。これを熱いまま流すと固まる頃には「錦玉」の層と「味甚粉」の層できれいに分かれてしまうんです。

味甚粉のほうが軽いから錦玉の中で浮いてきてしまうんです。(冷める間に!)

わざと2層になるようにしたりすることもあります。

味甚粉が入っているので、ただの錦玉よりは味わいがあっておいしいです。

中のこしあんが透けるように…

薄く切ってあります。釣り糸のようなもので切りました。

なんとなく「夜空の天の川にきらりと流れ星…」みたいな感じになったかな?と。

ちなみにつぶつぶの「しんびき粉」は、道明寺粉をさらに小さく砕いて炒ったものです。これに色を付けました。金箔でやるとよりきれいな仕上がりになるのですが…金箔めっちゃ高いんで使えないです(笑)

お茶菓子カテゴリの最新記事