春はすぐそこまで…

春はすぐそこまで…

雪割草

羊羹金団製です。花の部分は練り切りで、中はつぶあんです。

雪割草とは高山植物のことで雪解けとともに咲くことからこの名前がついているそうです。

白い部分はまだ残ってる雪を表現していてそこから雪割草がひょっこり咲いている…

春はもうすぐそこまでやってきてますよ~っていう意味合いのお菓子です。

今の時期にぴったりかなあと思うのですが、知らない人が見るとなんだこれ?って感じかもです。

金団を使う時って、山とか全体の情景を表現するのことが多いのでわかりにくいかもしれませんね。

ご注文ありがとうございました。

 

お茶菓子カテゴリの最新記事