お茶菓子のご注文で節分にちなんだお菓子を作りました!

お茶菓子のご注文で節分にちなんだお菓子を作りました!

外郎製でおたふくです

外郎製で中は白あんです。ほっぺにピンクのぼかしを入れて、髪と目は焼印で焼いて、赤い羊羹で紅をさしています。なんとも微妙な表情になりました。

節分とは…!

節分のモチーフは鬼かおたふくが多いかと思いますが、鬼は「鬼はそと~」で登場するのは分かりますがおたふくはどこに登場するのかな…と思いますが、おたふくは漢字で書くと「お多福」たくさんの福がやってきますようにという意味なんですね~「福は内」の福というわけです。

節分は鬼退治ではなく、福が来ますように!という行事なので鬼かおたふくをモチーフに使っているということです。

ちなみに豆まいたからと言って鬼が退治できたわけではないそうで、結局このおたふくさんが鬼を鎮めたらしいです(笑)最強か!ぽわ~とした表情ですが、かなりすごいやつです。

お茶菓子カテゴリの最新記事